WHO YOU ARE.

化粧品メーカーで働く男の記憶。

結婚の条件

それは、自分と相手にそれぞれある。

 

結婚するにあたり自分への条件

許容できる範囲を広げ、人間性として

目処がつくこと。それが自覚的にあ、大丈夫ってときの相手が、いわゆる運命の人なんだろうと思う

 

結婚するにあたり相手への条件

1,好みの顔であること。

たとえ喧嘩してもやっぱ可愛いよなーちきしょう、謝るか!と思えるレベル

 

2,経済的、精神的に自立していること。働くことが好き。自分にはないしっかりした部分があること

 

3,相手のご飯のフィーリングがなんとなく合うこと。肉の臭さ基準が似てるとか。

 

4,つるめる悪友的存在であること。

お互い楽しい、ワクワクを共犯する。

結婚は共創だ。

 

相手の方に求めることが

自分よりはるかにたくさん。

 

はい、これがいまの私という人間の器です。

なんかスッキリ。

おわかれ

遠距離していた人と別れた。

つい1週間前に会ったばかりだ。

 

理由は明快で、こちらに結婚の意思がなかった

子供も欲しい、あせる彼女

色々理由つけて引き延ばす自分

平行線だ

 

しっかりしているし

自分のことを大好きといってくれる

仕事も頑張る

 

いったいなにが不満というのか

自分に苛立った。

 

最近、彼女からの結婚のプッシュが強くなり辛かった。別れたら楽だとも思った。

 

女性の決断は早い

最終意思確認の電話がきた

 

仕事のイライラもあってか、

ふだんよりストレートに伝えてしまった

文字にして刺々しい長文ラインをしたためた

 

それから既読がつき、30分後に返信がきた。

瞬間、彼女の決意と、泣きながらも何回も読み直して校正を加えた文章だと分かった。

 

謝罪から始まり、今の今まで幸せだったという感謝。こんな自分のいいところをたくさん書き出し、好きな理由を伝えてくれた。

 

最後に、つきあった期間と元気でね。 という言葉から、彼女が吹っ切ったことが分かった。

 

なんて心の小さなやつだろう

どうせ恨みつらみの長文ラインが返ってくるとうぬぼれていた。

自分が恥ずかしかった。

 

終わりよければすべてよし

という言葉を思い出した。その通りだ。

 

彼女との思い出が蘇り、涙がでてきた

彼女の素敵なところが頭に浮かぶ

手紙を沢山くれたなぁ

お世辞にもうまくない、

でもこころのこもった字

 

期待にこたえてあげられなかった

顔なのか、なんなのか。

自分の無責任さに腹が立った

 

女性はたくましい。強い。

だから今週末には泣くこともないだろう

 

男性はくよくよ、なよなよだ

いつもなら見ない、彼女が作成したラインのアルバムをしげしげと見ている

 

彼女は僕の至らなさも含めて受け止めてくれていたんだなぁ

あのラインが最後になるならもっと誠意をいれて書くんだった

 

安心しろ、

女性はお前ごときじゃ傷つかない

 

うん、そうだと思う。

数秒で見切りをつけ、

最後の文章をしたためたと思っている

 

残酷なくらい優しい文章だ

彼女の遣る瀬無い怒りが込められた

優しすぎる文章

当然の報いだ

 

今日だけは泣く。

明日から新たな女性を抱く。

 

結婚報告、もらえたら嬉しいなぁ

願わくば、ラインの文章通り、

良き友として交流したいなぁ。

人として大好きな彼女。

きっと後悔するに違いない。

 

元気でね

1年と1ヶ月、本当にありがとうございました

幸せでした

 

2人に幸あれ!

 

 

不器用な店が好き

f:id:continum:20170514150407j:imageはやい、うまい、やすい、おしゃれ、

空いてる、

すべて揃うお店なんてなかなかない。

食べログの時代、穴場は少なくなっている

 

それでも、

年齢層高めの商店街のイタリアンとか狙い目だ

こーゆーとこは、

行列はできない。なぜなら味はまずくはないが特筆すべきでもない、量めちゃ多くてコスパ良いが、激安でもない。

おしゃれではないが、なんか居心地がよい

急かされることも緊張することもない

この絶妙なバランスが、地元民に愛されている理由なのかもしれない。

 

今日はそんなお店に出会った。

サラダのパシャパシャだけど、野菜の高いご時世、たっぷり山盛り。

前菜も微妙だが種類は多い

夫婦で切り盛り。ワインも良心的プライス

f:id:continum:20170514150402j:image

 

 f:id:continum:20170514150407j:image

 

商店街が活気ある街はやっぱりいいよね。

 

f:id:continum:20170514150457j:image

あとは近くに美味しいコーヒースタンドがあれば文句なし。

休日の美味しい珈琲は幸せ感に直結。

 

そんじゃ来週も働こう。

 

プロテイン!とサプリ!

f:id:continum:20170513132049j:image

リバウンドしつつあるので

今日からプロテイン&サプリで置き換えダイエット。

ダンボールからとりだす。

1キロサイズって大きいな。。

なんか大きいものってワクワクする。

 

水を入れて、一緒に購入したブレンダーでシャカシャカ。ぜんぜんダマにならない!

 

味はどーだ?チョコ味を購入したのだが、

お!サッパリしてていける!

缶で売ってる薄いココアみたいな感じ。

 

甘いドリンク飲んだ感あるから

お腹もオヤツ欲も満たされ、

タンパク質も効率よく摂取できる!

朝ご飯にもなる!

 

こりゃいい!!

 

3ヶ月で20キロ落とすぜい!

美女と野獣 吹替版

ディズニーの恐ろしさを味わえる作品だろう。

 

なぜ、美女が野獣に心を開くにいたったのか、その描写が弱い。

 

しかし、そのようなことは些細な問題。

一流の音楽に台詞回し。

ミャージカル仕立ての作品の世界観に浸り、

気がつけば涙が流れる。

 

これが活字であればツッコミところは満載なのだろう。しかし、一流のエンタテイナーにかかれば、女性が喜ぶデートに最適な作品に早変わりするのだ。

このうっとり効果は口説きのデートにピッタリ

 

ディズニー、恐るべし。

 

金沢 comeback

異動以来、初めての金沢。

とても不思議な気分で、帰ってきた感覚と観光客として街を見てる感じ。

 

金沢のいいところ

まず、観光スポットが地理的にギュッと凝縮しているから観光プランが立てやすい。

温泉、海、山と自然環境も揃っている。

 千里浜は日本で唯一の波打ち際を走れる場所で、感動すること間違いなし

f:id:continum:20170506155728j:image

 

そして、外食文化がある土地柄、お店も豊富。フレンチ、割烹、居酒屋、イタリアン、寿司屋とジャンルも豊富だ。あ、焼肉のお店は多い。

鰻、天ぷら屋は少ない。食べる文化がないのかな。

こちらも香林坊、片町界隈で揃う。当たり外れも大きいのでリサーチした方が良い

観光の定番、近江町市場だが、私はオススメしない。相談されたら外すことを提案している

まず人が多い。そして、値段が高い

早朝の寿司狙いでなければ行く価値はない。

金沢港の方が安い。厚生食堂もオススメ

 f:id:continum:20170506155341j:imagef:id:continum:20170506155357j:imagef:id:continum:20170506155407j:imagef:id:continum:20170506155425j:imagef:id:continum:20170506155445j:image

 

金沢らしいところ

 

渋滞。渋滞。渋滞。戦争時に爆撃されてないから道が細く入り組んでいる。

 

駐車場が少ない。土日の金沢駅周辺はすごいことになっている。

 

ホテルが少ない。ゆえに値段が高い。

都市のキャパを超えて観光客がきてる感じ。

でも安易に拡大路線に走らないのがいかにも金沢人らしい。

 

ちなみに金沢は高級車のオンパレードだ。

長野と比べるとよくわかる。外車やレクサスの多いこと。

スイフト乗ってたときは煽られたけどBMWに乗り換えたら煽られなくなる、まぁよくも悪くもそんな土地柄だ。

車の運転マナーはよくない印象が強い。

女性ドライバーが多いからか、道を譲らない、ウィンカーださないで突然曲がるくらい、

日時茶飯事の風景。

 

 雨の日が多い。外で洗濯物を干せる日は少ない。湿気が多いのはお肌には良いこと。

あと雲が黒くて厚い。

こればかりは慣れなかった

 

もちろん 天気が良い日もある。

そんな日はかほくの西田幾太郎記念館が穴場でオススメだ。カフェは入館料払わずに利用できる。開放されている。

f:id:continum:20170506155941j:imagef:id:continum:20170506155937j:imagef:id:continum:20170506155941j:image

 

 

 

 

まるちょう 五反田店

結論から言うと、ハズレだった。

3人からならコース飲み放題があるみたいだが、2人だとアラカルトで攻めることになる。

 

アルコール3杯、白飯、名物まるちょう、牛レバー、ホルモン五種盛り、おっぱい、ハラミ、キムチ盛り合わせ 一人前で1人6000円。

 

まるちょうはいわゆる脂のかたまりで、好きな人にはたまらない。インパクトとボリュームあった品はこれくらいかな。

 

しかし何より頂けないのは!

このお店、タレと白飯の味が微妙なのだ!

 

ハラミも筋ばっていてやや臭みも。

久々に肉でハズレた印象 。 

 

花金だったせいか、お店は大繁盛だ。

あ、トマトチューハイは美味しかったなぁ。

 

煙はモクモク系。出口で店員さんがファブリーズしてくれる。

 

東京ならもっとコスパいいお店あるよね。

魚が食べたくなってきたねーと言いながら

帰る2人であったとさ。