WHO YOU ARE.

化粧品メーカーで働く男の記憶。

結婚の条件

それは、自分と相手にそれぞれある。

 

結婚するにあたり自分への条件

許容できる範囲を広げ、人間性として

目処がつくこと。それが自覚的にあ、大丈夫ってときの相手が、いわゆる運命の人なんだろうと思う

 

結婚するにあたり相手への条件

1,好みの顔であること。

たとえ喧嘩してもやっぱ可愛いよなーちきしょう、謝るか!と思えるレベル

 

2,経済的、精神的に自立していること。働くことが好き。自分にはないしっかりした部分があること

 

3,相手のご飯のフィーリングがなんとなく合うこと。肉の臭さ基準が似てるとか。

 

4,つるめる悪友的存在であること。

お互い楽しい、ワクワクを共犯する。

結婚は共創だ。

 

相手の方に求めることが

自分よりはるかにたくさん。

 

はい、これがいまの私という人間の器です。

なんかスッキリ。