WHO YOU ARE.

化粧品メーカーで働く男の記憶。

二件目は輸入食品屋からのラブホ

中央線沿線デートは、オシャレに気合をいれるでもなく恵比寿や六本木より、警戒心が緩むと考えている。街並みと雑多でのんびりした空気のなせる技だろうか。

 

中野のセントラルパークでビアガーデンを楽しむ。二杯くらい飲んだら散歩しよといって高円寺方面へ。もちろん手を繋ぐ。

セントラルパークを抜ける途中の暗がりや信号で軽くキスできたらなおよし。

 

食欲満たされすぎると、性欲がおざなりになる気がする。私の場合、判断力や勢いが鈍る
一次会は席だけの予約、腹八分目で余力を残して、2時間くらいで切り上げるほうがスマートだしコスパ的にもいいだろう。

満足だけど、まだ、物足りないなぁ

という気持ち。これである。

 

高円寺は魅力的な飲食店が軒を連ねるが、

功徳のにワイワイガヤガヤ、ガチで料理が美味しくて、ああ満腹ってのも困る。

 

そこで、輸入食品のお店だ。

自炊しているコなら食いつきがいい。

輸入菓子、アルコール、つまみ、全部ある。

 

ここで買い出しをしてからホテルにいく算段。2000円で二次会分のお酒とお菓子が買える。

なんと経済的。

フィルター使い捨ての珍しいコーヒーをさりげなく追加し、きたるべき朝に備えるのもスマートだ。

よくあるのはハワイのライオンコーヒー。

 

お店に入ったら閃いたようにこのプランを耳元でささやく。まぁ相手が引いたらサクっと損切りすればよし。

 

こういうお店が一人暮らしのフィールドにあると、もう最強だ。

いきなり俺んちで飲まない?と言われても女性はokを出しにくい。

しかしいままさにお店でみているのであれば、それが理由になる。

もちろん、成城石井でもワークする。

 

目新しいものや買い出しへのワクワク感を

利用する。オススメである!